オープンマインドでいこう
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『こころつながるマルシェ』@ララカフェ | main | 私事ですが・・・(後編)心と病気の関係を学ぶ >>
私事ですが・・・(前編)健康診断の結果から

こんにちは。

 

今日は久しぶりにブログをじっくり書こうかなあと思ってパソコンの前に座りました。

ここ最近、自分の気持ちを見つめてアウトプットするということから逃げていました。

 

最近一番関心があるのは自分の事なんです。

もっと自分をみつめたいと思っても、じっくり時間を取らないでいました。

本当は一番大切なことなのに。

 

ちょうど去年の今頃、健康診断の結果に青ざめました。

E判定。(精密検査を必要としますので、医療機関を受診してください)

 

良くないところはふたつ。

胃と血液(貧血)でした。

 

母が脳出血、兄が胃がんを発症したばかりだったので

「今度は私!?」

と本当に怖かった。

 

元気に生活出来て、診断の結果はAで当然。

40歳くらいまではそんな感じでした。

でも、年齢とともに身体の機能も衰えていくのですね。

それを補う努力が必要になってきたと感じます。

 

再検査の予約を入れ、病院へ。

人生初の胃カメラを飲みました。

 

辛かった(笑)

でも、結果は胃が荒れているだけでした。

 

ホッと胸を撫でおろしたのですが、

その後の検査でピロリ菌がいることがわかり、

除菌を勧められました。

 

本当に除菌が必要なんだろうか?

除菌する以外に道はないのだろうか?

 

と疑問を感じ、ある人を訪ねました。

 

那須烏山市の七合診療所の医師の本間真二郎先生です。

 

本間先生は、元は西洋医学のお医者さんでしたが

”自然に寄り添った生活をすれば病気にかからない”

という理念のもと、助言をしてくれる珍しい先生です。

 

健康診断の結果を受け取った時、

友達から借りていた本間先生の本を手に取りました。

『病気にならない暮らし事典』。

そこには

 

病気は自分の生き方に問題があるから発生するのであって、

遺伝でも、体質でも、加齢でも、運でも、偶然でもない。

 

と書いてありました。

 

原因があるから結果として症状が出ているだけなんだと納得。

 

診察の結果ですが・・・

私は除菌しないことを選びました。

 

先生は、除菌が無駄とは仰いませんでしたが、

とにかく腸内細菌を徹底的に元気にする、そして胃を強くすること、

そうすれば血液の質もよくなる、

と教えていただきました。

 

それからというもの、食生活や生活習慣を意識するようになって、

色々な変化を感じるようになりました。

 

「意識する」というだけで、どんどん世界は変わっていくものですね。

何かを変えると思うと、我慢とかお金がかかるとか面倒くさいとか

色々なネガティブな気持ちも沸いてきますが

少しずつ、『今やりたいな』、『やってみたいな』、というものにトライするだけで

いつのまにか変わっているものなんだなと思います。

そして、そうなるように自然となってくる。

 

そして一年後・・・。

 

健康診断の結果が送られてきました。

F判定(かかりつけの医師による治療を継続してください)。

 

という結果にがっかり・・・。

しましたが、よく見ると、

 

 

胃: 異常なし

 

 

血液検査: 基準値内

 

この時の嬉しさったら!!!!

 

結果を出せたことが本当に嬉しくて嬉しくて・・・。

重かった不安を手放せて、心が軽やかになり、

私の進むべき道はこれでよかったんだと確信しました。

 

その歩みについてはまた別の機会にまとめることとしますが・・・。

 

 

病気になる原因は

食、生活習慣、メンタルが自然とかけ離れていること。

 

食、生活習慣を変えることは簡単。

でも、メンタルを変えるのは大変。

 

と、本間先生は仰っています。

 

私自身、メンタルが行動や身体に悪影響を及ぼしていることは

自覚しています。

 

体験としてこんなことがありました。

あるイベントに出店する前に、当時のパートナーと喧嘩をしてしまったんです。

その出店中、足の指(中指か薬指)が、ずっと攣っていて

何をしても治らなかったんです。

一日中プンプン怒っていたのですが、帰りの車で冷静になって

私も悪かったなと反省し、ごめんねと謝ったと同時に足の攣りが治ったんです!

その時の感じは今でも憶えています。

 

今回、食や生活習慣の改善で、数値的には良くなったけれど

その他の身体の不調はメンタルの影響は大いにうけていると思っていました。

 

そんな時、本間先生の一泊二日の合宿があることを知りました。

テーマは「人の意識と心と病気の関係を学ぶ」

 

ドキドキしながら申し込みました。

 

なぜドキドキしたかというと、自分の心をさらけ出すのが怖かったからです。

でも、特に、さらけ出す機会はありませんでした(笑)

 

講義の内容は私にとっては難しく、消化・・・いや、咀嚼出来ていません(笑)

 

なので、少しでも自分の栄養になるように、このブログでまとめたいと思います。

 

つづく・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK