オープンマインドでいこう
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 私事ですが・・・(前編)健康診断の結果から | main | れいわ新選組 in 宇都宮 >>
私事ですが・・・(後編)心と病気の関係を学ぶ

ドキドキで参加した本間先生の合宿。

「人の意識と心と病気の関係を学ぶ」

 

参加するまでの経緯は(前編)http://present-mado.jugem.jp/?eid=426にてどうぞ。

 

 

実は20分ほど遅れて講義に参加しました。

 

家を余裕を持って出ようとしたのに

なんと!立体駐車場が動かず出庫出来ないというトラブルに見舞われたのです。

待つこと30分。慌てて部屋を出ました。

その時、「携帯持った?」と心の声を聴いたのですが

「バッグに入れたに決まってる!」と無視し、車に乗り込んだのです。

でも、運転しながら、安心しようと確認すると、

「ないかも!?やっぱりない!!!」

「でも、行先は解るし行っちゃおうかな」

と心揺れましたが、やはり戻りました。

ここで15分くらいロスしたと思います。

 

心の声は無視しない!ということを学びました。

 

さて、そんなこんなで途中から講義に参加し、

 

物質世界と精神世界の位置関係を説明していました。

今思えば、のっけから難しい!

咀嚼できた部分だけ書かせてもらうと・・・

 

 

 

私たちが産まれてきた理由はただひとつ!

 

自分だけの色を徹底的に磨くこと!

 

自分の課題をクリアし、

魂を磨いていけるか・・・それが人間の存在理由。

そして、宇宙の進化のためにひとりひとりの進化(魂の輝き)が必要。

 

今目の前にある世界は、自分が作っている空間であり

自分そのもの。


なぜなら、宇宙は精神で出来ているから。

無意識が意識を産み、

意識が運動(行動)をさせる。

無意識→意識→運動

そして人と人は集合無意識で繋がっている。

 

実は精神の世界が重要で、物質の世界は氷山の一角。

しかし、精神の世界がないがしろにされ、

物質だけが価値があると思われている世の中に生きている私たち。

 

物質世界でこうあるべきと自分を押し殺して

真我(精神)の望むことを無視していく(ストレス)と病気になる。

 

自分と向き合い、魂のままに生きている人は病気になりにくい。

 

実はこの生きにくい世界(負荷)も魂の鍛錬のために用意されている

よく出来たプログラム。

 

生きていると、色々な問題が出てくるけれど、

きちんと自分の軸で向き合うことで成長し、最終的な自我が完成する。

 

自我の確立・完成は日常生活を自分軸で丁寧に生きること。

そしてリアルに活動=実践すること。

 

自分軸が解らない場合、自分の中の他者視線を意識化すること。

(なにか決断する時に自分の魂の声に耳を傾けること)

 

現代人は、

○○さんが言っていたから〜、テレビでこう言ってたから〜

という他者軸で物事を決めているひとが多い。

(他者軸で生きて、自分の魂をないがしろにしていると病気になる。)

 

 

〜自然に沿った生活をしよう〜

 

精神世界では自分は世界が一体となっている

物質世界では自己と自分以外の世界に分離している

 

他者を他人だけではなく、自分を成り立たせているすべて=宇宙=自然と考える

 

自然に沿った生活とは、動物、植物、微生物、環境、地球の

すべてにとって良いことをすること

 

顕在化するとは自然の中に融合し世界を作っていくこと

 

 

 

私に理解出来る力が少なく、浅くしか書けず、申し訳ないです(;'∀')

 

こういったことを、医師の目線で、科学的な裏付けをとって、

解りやすい言葉で説明してくれました。

 

子どもの頃から、精神世界とは割と距離が近く(母が宗教をやっているので)

育ってきた方だと思います。

そのころと比べると、精神世界の立ち位置はずいぶん市民権を得ました(笑)

 

これからは、すべての価値観の違いを認めつつ、

全体が統合する真のワンネスの世界になっていくとのこと。

 

楽しみですね。

みんなで楽しみましょう。

 

自分の栄養となるように、書きました。

COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK