オープンマインドでいこう
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
クリスマス待ち

日曜日は夫の会社のクリスマス&餅つき大会でした。
大会の終わりに、大抽選会があるのですが…


見事!
会場に並んでいるおもちゃのなかで
これが一番息吹が欲しいだろうなあ、
というものが当たりました。



E7系かがやき!

サンタに扮した若手社員がこの箱を持って来た時は
びっくりしすぎて何が何だか解らなかったです。

息吹も突然の事で理解出来なかったようで、ボーッとしてました。

きっと、会場の中で一番欲しかった人の元にこのプレゼントは来たと思います。

なかなかお主、引きが強いのう。

それから
『いぶちは、おとうさんとおかあさんとサンタさんすきなの。』
とよく言っています。

ぽっと出のサンタに並ばれて、なんだか複雑です。


この間、きよしこのよるを歌っていたら
『あかちゃんのうた!』
と言われ、びっくり。

言霊で解るのでしょうか。

息子にとっては3度目のクリスマス。
感謝の気持ちでいっぱいの心あたたまる
1日にしたいです。




夫の入院
今日、夫無事に退院しました。

親知らずを抜くため4泊5日で入院してました。

色々と面白いネタがあったので…。


まず、入院の日。

歯ブラシを買う為にマツキヨへ寄って
病院へ。

夫を無事に収容し、
そのままスーパーへ寄り買い物とお昼ごはんを済ませ
車の中で息吹を寝かせながら家へと帰りました。
抱っこ紐で抱っこし、両手には買い物袋。
雨の降る寒い日。
息も絶え絶えで帰ってきました。

あー、やっと家に着いた!
息吹は寝てるしホッとひと息…

と思い、携帯を見ると



『車の中に、歯ブラシセットを忘れました。。。
19時までに持ってきて。
カップも一緒に。m(._.)m』


とのメッセージ。


『はあ?』



子供連れの雨の日の外出がどんだけしんどいか!


結局歯ブラシは売店で購入したらしいです。


手術の日。
家に母が来てくれて、息吹をみてもらい
私だけ病院へ。

大部屋から個室へ勝手に移っとった!
一泊1万円!!

理由を聞くと、同室のおじいちゃんが夜型人間で
夜中にカップラーメンとか食べて
うるさくて眠れなかったとのこと。

看護師さんと二人っきりになった時
『ご主人は神経質なタイプですか?』
と聞かれ、
『ぜんぜん!どこでも寝られるタイプです!
他の大部屋が空き次第
どこでもいいからぶち込んでください!』

とお願いしてきました。

だいたい、さっきだって側で資源ゴミまとめてたって全く起きなかったじゃん!



で、



手術前。



手術後。


衰弱感ハンパないっ!

起きてはいるらしいのですが
目も開かず、話せない。

こんな状態では心配で帰れないっ!と思い
母に息吹の晩ごはんとお風呂をお願いし
しばらく付き添ってました。

でも、1時間くらい経った頃でしょうか。

携帯を探す動作をしたので、
渡すと自分を撮り始めた!



心配して損したー!


痛みも座薬一本入れたくらいで済んだらしいし、
出血もほとんどなく
腫れも大したことなく
順調に快復しているようです。

先生の腕が良かったのかな。



ま、何事もなく無事に退院出来て良かった。

あー、それはそうと、私もあと3本残ってるんだよねー…
若い時に抜いときゃ良かったなー…>_<…


石垣島4日目
昨日は一日中雨。
今日の天気予報を見ても雷雨予報。

でも、石垣島の天気予報はとにかく当たらない!!(笑)

良い方に転がるようにと祈っていましたが…



本降り。

うーん…>_<…

10時ころ姉の家に着き
雨雲レーダーを見ながら
3人で作戦会議。


温泉は?図書館は?

などと相談した結果、
何かを作りに行こう!
と、出掛けようとしたところ…

『竹富島の雨雲はどんな感じ?』

と姉が言い、レーダーを見てみたら


なんと!雨雲がかかってない!(O_O)

と、いうことで…



(似ているけど姉です)

石垣港到着〜!


(後から気がついたのですが、
新石垣空港開港記念日は
息吹の誕生日でした。)



息吹は初めてのフェリー。
あっという間に竹富島見えてきました。




まずはバスでビーチへ。

バスの窓から見える風景は
私の中での離島のイメージそのまま。



着いた〜!コンドイビーチ!





姉と一緒に海に入った息吹は
安心感からか、どんどん入りたくなったようで、裸ん坊に。

水着、宿に置いて来ちゃったよ…


こんなにいい天気になるなんて思わなかったから…

海は波が全くなく穏やかで、
優しく私たちを受け入れてくれました。

いつまでもキレイな海であってほしいなぁ。







ビーチにはたくさん猫がお昼寝してました。
ぜんぜん逃げない。
平和なんだな〜。



猫が好きだという息吹。
唯一触れる動物かも^_^;



まてまてー
と猫を追いかけ着いた先。



ヤドカリがいっぱいいるよー!

と息吹に言われ、目を凝らしてみると、
本当に凄い数のヤドカリが!

小さいのから大きいのまで。
しかも緑や白や色々な貝を背負ってる。



猫ちゃんに素敵な場所を案内してもらって良かったね。




それから、ビーチを後にして、お昼を食べようと
中心地まで歩いて行きました。



サンゴの道路
じゃれ合いながら飛ぶちょうちょ
赤い瓦屋根の上にはシーサー



ロケーションの素晴らしい
お店がたくさんあり
キュンキュンしながら歩きました。





楽園。

姉も竹富島は初めてだったので
今度はここで皆んなで一泊しようと盛り上がりました。

離島巡り、癖になりそうです(笑)


帰りのフェリーで案の定爆睡した息吹さん。
姉の家に着いてもこの通り。



今回、たくさんの沖縄のへんてこりんな名前の料理を食べました。

デパートとかで、沖縄展とかやってても、
ちんぷんかんぷんだったけど、
少しは解るようになったかな。

姉とはこの夜をもってお別れ。
4日間、一緒に楽しんでくれて嬉しかった。

息吹は『いぶち、なかない!』
と言いながら泣いておりました。

そんな様子に私も姉もホロリ。


明日の今頃は海なし県かぁ〜…
なんて思いながら1日を終えました。

それにしても、竹富島良かったなぁ〜〜…。
帰ってきてから
早速宿を検索しているという…(笑)

石垣島3日目
3日目は川平湾へ。
目的はグラスボート。



小雨模様でしたが、川平湾は神秘的な表情を見せてくれました。



さゆりさんと息吹はすっかりラブラブ。

昨日のフサキビーチでも
『さゆりさーん、いぶちくんとあそんでー!』と言ってました。



↑家族3人でまたお揃いのTシャツ買いました(笑)



乗船!



思った以上に息吹は楽しそうで
(魚が)『いっちゃったーーー!!』
『すれちがいーーー!!』
とか言って、ゲラゲラ笑ってました。



途中、嵐になって、岸へボートが着いても下船出来なくて監禁状態に。

この日は一日中雨が降っていました。
こんな天気は珍しいことのようです。


夕方、姉の勧めで
ブクブクー茶の体験に
美ら味堂さんへ。

昔は、沖縄のお祝い事の時によく飲まれたお茶のようです。

お茶を点てる道具など、戦争でみんな焼けてしまい、戦後は姿を消していたそうですが
東京の友人にプレゼントしたたったひとつの器だけが残っていて、
それを元に研究して復活したそうです。



体験させてもらいました。





器も選ばせてもらいました。
可愛いお魚の器にしました。



お茶の中にお赤飯を入れます。



この泡を、銘々の器のお茶の上に盛り、泡を食べ、お茶を飲みます。

『かりー!』
という縁起の良い言葉を教えてもらって、みんなでいただきました。

『ブクブクー茶』という言葉自体もなんとも言えずユーモラスで可愛い。
貴重な体験でした。

店主のみかさんのおもてなしに
すっかり癒され、
愛する家族と
沖縄の伝統的な縁起の良いお茶をいただき
満たされた気分で1日を終えました。










石垣島2日目
2日目はカヤックを予約していました。




途中から青空も見えてきて
いいお天気に。



姉とお弟子さんのさゆりさんも一緒に
楽しみました。

マングローブの生い茂る川は静かで
時々南国らしい鳥の鳴き声が聴こえ…

…るはずでしたが、さゆりさんの雄叫びと姉の笑い声で打ち消され…(笑)

楽しいカヤックになりました。



見た事のない植物や動物を
ガイドのなつみさんがたくさん教えてくれました。
とんとんみー、(ムツゴロウ)可愛かったな。




午後はフサキビーチへ。













ヤドカリー!

キレイな貝だなと思い、
もらおうとするとヤドカリが入っているという…



その日の夜は、姉とさゆりさんがアロママッサージをしてくれました。



いや〜、極楽、極楽。

旅の緊張で凝り固まった身体を優しくほぐしてもらいました。
子連れのフライトは思った以上に緊張するんですよ。

呼吸が楽になり、
すごく身体が楽になりました。
その証拠にその日の夜から快便に!

ありがとう!

姉の店
Aroma Ya 空

石垣島へ行かれた際は是非是非!!!





そうそう!
8月に納品した私が作ったカーテンも
部屋に馴染んでいて一安心。
思えば、このカーテンを確認したいと思い
石垣島へのフラグが立ったんだった。



素敵な場所に引っ越してくれて、
心からありがとう!


石垣島1日目
石垣島の余韻に浸っております…


そもそも、どうしてこんなに長い休みを取っているかというと、夫勤続20周年でリフレッシュ休暇というものが頂けまして、2週間会社に行かなくていいのです。

その間お給料もいただけるという…
ああ、なんて会社員は素晴らしいの。

で、先週の土曜日から休みに入ってまして、月曜日に石垣島に出発!

金曜日に帰ってきました。

そして、明日からは夫が親知らずを抜くため、入院です。

明後日は全身麻酔で手術。
こちらも4泊5日コース(笑)

旅の余韻に浸りながら頑張ってください。



さてさて、石垣島の思い出を振り返りたいと思います。

出発の日

関東は雨で肌寒い朝。



石垣島までは約3時間のフライト。

着いたよ〜〜!



亜熱帯の島!



息吹もウキウキして楽しそう。





姉の家に到着!
思いがけず都会に住んでいてびっくり。

夕ご飯は辺銀食堂に。

美味しくビールいただけましたm(__)m

姉の家で息吹だけシャワーを浴びて
後は寝るだけにして車にin!
宿に帰りました。

思い返せばこの旅行中、寝かしつけを1度もしませんでした(笑)
体力の限界まで引っ張り回してたんだな〜^_^;








帰りました!
昨日、石垣島から帰ってきました。

夫と息子は朝も早よから益子に
運動会に参加しに行きました(笑)
(しかもそのために朝からパンを焼いた)

私は洗濯物の山をどうにかしなくては^_^;


いや〜、石垣島良かった!
まだ日常に戻れずにふわふわした気分です。

今日は洗濯しながら撮った写真をみて過ごしてしまいそうです(笑)


trick or treat!
金曜日はマンションのお友達からのお誘いで
ハロウィンをすることになりました。

朝、夫が『trick or treat!』って言うと
お菓子もらえるんだよ。
と息吹に教えていました。

お菓子もらえるなら、と思ったのか
日中遊びながら何度も繰り返し
『とりっく とあ とりーと!』
と練習していました。


今年の仮装は…





佐川男子!!

今年も地味〜な仮装になりました(笑)



マンション内をみんなで
お菓子をもらいに練り歩きました。

ハロウィン中に配達に来ちゃった佐川。
にしか見えません(笑)


最初は私から離れなかったのに、
お兄ちゃんとお姉ちゃんにくっついて
走り出した!



やっぱ佐川は走ってなんぼでしょう。

荷物大切にね〜(笑)





今日の収穫。

歯磨きを嫌がらないと約束して
ぺろぺろキャンディをあげました。

ま、約束破られましたけどね。



そして、次の日も…。



飛脚佐川!!


友達の家の近くにハロウィンを盛大にやっているお家があるというので
みんなで行ってきました。



予告時間の16時半にお家の方が出て来てくれました。





やべっ!本格的!!



怯える子供達。






予想外に息吹は大丈夫でした。

お菓子をもらって、
お家の中でストーブで温めたココアをいただき…


写真ないけどお家の中もステキでした〜(^O^)
なんだか映画の世界に迷い込んだみたい…

帰り道、仮装したたくさんの方とすれ違いました。

なんだか初めてハロウィンを満喫した気がします。

楽しかった〜!






そして、ハロウィンからのー



こちらはもっと楽しかった!



豊かな時間
今日のやっほうは
初めての屋外活動でした。

ピタパンとピザ、そしてベーコン作り!!





持ち物に『めん棒』が前日追加されたのですが、
何に使うんだろう??と思いつつ
綿棒を持って行ってしまいました^_^;




こっち、でしたね…-_-b

借り物麺棒でコネコネ…



ドラム缶で焼いたパンとピザ、
とっっても美味しかった〜(^O^)





そしてそして、ダンボールで燻製したベーコン!

あゝ…。もう一度食べたい(≧∇≦)

近いうちに挑戦しようと思います!

とても豊かな食事になりました。
スタッフの方々の心遣いのおかげです…。
ありがとうございますm(__)m


食事の後は…



みんな遊ぶのが上手で、泥んこになって遊んでいました。

それをさせているお母さんも
いつも凄いなあと思うんです。

息吹もやって欲しいと思う反面
どうしても大人の頭で考えてしまう私…。

そんな私の気持ちを薄々分かっているのか
息吹は泥んこ遊びに加わりませんでした。

でも、デザートのぶどうで思いっきり
洋服は汚しましたけどね(笑)






一緒に逞しくなろう!
タイムスリップ
何も予定がなかった今日は、
前々から行きたいと思っていた場所に…



子供の頃いつも遊んだ公園!

今はまるっきり生活圏が違うので
わざわざ訪れないと行かない公園です。

ここの公園に
友達と、姉兄と、いとこ達と…
何度足を運んだことでしょう…

丸いお山の形の滑り台があったので
みんな『丸公園』と言っていました。

でもその遊具は跡形もなく…

夏は水遊び、
オフシーズンはタニシを獲ったりして遊んだプールもなくなっていました。

ここに、丸いブランコがあったなぁ、
宇宙船が2機繋がったような遊具があったなぁ、
そんなことをしみじみ懐かしく思いながら
息子と遊びました。



お昼は公園前の肉屋でコロッケを調達。



ひとくち食べることに『しーっ!』
とやる息吹。
お父さんには内緒ね!というつもりなのでしょう。

自分の中で、1番幼い記憶と思うのが
この公園での思い出。

公園は子供にとって、心の拠り所でもあり、ふるさとになるんだなぁ。

公園の後は私が通った保育園にも行ってみました。

残念ながら、閉鎖されていて、
園児たちはいませんでしたが
ここはほぼ記憶のまま…。





懐かしく嬉しい気持ちになるということは
私は幸せな子供時代を過ごしていたということでしょう。

会ってみたいな。
約40年前の私。
どんな笑顔を見せてくれるかな。